1. ホーム
  2. ブログ
  3. BACK PAGE
  4. 子どもがいても高校卒業できる…?

子どもがいても高校卒業できる…?

2020年10月28日 23:28 更新

こんにちは。鹿島学園連携WEBキャンパスの新井梨永です。


私のこれまで担当させていただいた生徒の中には、
小さなお子さまがいるという主婦の方やシングルマザーの方が何人かいらっしゃいました。


その中には、高校生のときに妊娠をして高校を中退した方、

高校を中退したあとご結婚してお子さまがいる方、

また、全日制高校に在籍中に妊娠がわかり、当校に転校してきた方もいました。


上記のみなさんは単位を落としたり留年することなく、全員無事に卒業されています。



しかし、今このブログを読んでいただいている方で同じご状況の方はきっと、ご不安を感じていらっしゃると思います。



こんな状況で高校卒業のための勉強ができるのだろうか…

時間がないのに大丈夫かな…

学費が払えるか心配…

サポートはしてくれるのかな…



実は私も現在2歳になる息子がおりまして、毎日育児に奮闘している最中です…


ですので、みなさんが感じていらっしゃるご不安や心配なことは私にとっても とても身近なものなのでよくわかります。


そしてきっと、これまでご卒業された方も同じお気持ちだったと思います。



ではなぜ、みなさんが当WEBキャンパスに入学することを決めてくださったのか…



これは卒業された方たちみなさんにお聞きしていることなのですが、

みなさんとは入学前にメールやお電話で何度もやりとりをさせていただいて入学を決めていただいています。

(ちなみに当時私が入学受付の窓口を担当させていただいておりました)


そのやりとりでご自身のご状況やご希望、ご不安なことなどをいろいろお話しいただき、
実際ご入学いただいたあとに志望理由をお聞きすると、



「思っていたよりもできそうだなと思った」

「子どもがいるのでネットの高校を探していた」

「相談したときに何度もやりとりをして安心することができた」



など、実際に相談して、話をして、聞いてみて決めていただいた方がほとんどでした。

(ざっと、長い方は数ヶ月のやりとり、少なくとも10回以上のメールや、お電話で計数時間お話しさせていただくことが多いです)


ですので、以前他の記事でもお話させていただいておりますが、

ぜひ一度私たちの声を聞いていただき、お話してただき、
実際の私たちの存在や気持ちを感じていただけますとうれしいです。


そして私たちが一番自信を持ってお伝えできることは、

みなさんの高校卒業のお手伝いを必ずさせていただけるということです。


もし今、相談したくてもできない、どうしたらいいかわからないと悩んでいる方がいましたら、
少し勇気を出していただき、私たちにご連絡ください。



次回は、お子さまがいる方の実際のやりとりの例や私が感じるポイントなどについてお話させていただきたいと思いますので、ぜひまたブログにお立ちよりください。

Posts List

お気軽にご相談ください。

卒業生・保護者の声

0120-973-649に電話を掛ける

鹿島学園高等学校, 鹿島朝日高等学校, 鹿島山北高等学校 連携

鹿島学園連携 WEBキャンパス

© 2020 Kashima Correspondence High School